2017年03月28日

台湾観光におすすめの時期は何月?(秋・冬)

みなさんこんにちは!
前回の↓
台湾旅行におすすめは何月?観光にいい季節は?(春・夏編)
の続きで、今回は秋・冬編です。
台湾の季節ごとの特徴を今回はご紹介していますが、台湾で秋や冬のイメージってあんまりないですよね?
どんな感じなんでしょう?
早速見てみましょう!

スポンサーリンク









秋(9月、10月、11月)

autumn-1042346_1920.jpg

まだまだ暑いですが、真夏日というほどでもなくて、日差しもおだやかで日傘無しでも大丈夫になってきます。雨も落ち着いてきて、台湾の一年の中では一番過ごしやすい季節です。

ただし!
秋は、そう、台風の季節なんです・・・

台湾は台風がよく直撃します。いつも一番被害が大きいのが東部、そしてコースにもよりますが南部もよく台風が通過します。
台風さえなければ、過ごしやすくて一年で一番観光にはいい季節だと思うんですがね・・・
秋の台湾に行きたい方は、予約変更できる航空券を選ぶようにするなど、少し心の準備が必要かもしれませんね。

秋特有の台湾の見所としては、日月潭の花火大会や、台中新社での巨大花畑「花海」などがおすすめですよ。


季節限定・秋に現れる花の海!?台湾台中「新社花海」は山奥一面の花畑


美味しい台湾フルーツとしては、この時期は「柚子」があります。文旦とも呼ばれる緑色の大きな柑橘です。日本ではなじみがないですが、ジューシーで美味です!また、トゲトゲの見た目がユニークなドラゴンフルーツも旬です。



冬(12月、1月、2月)

chinese-new-year-1959877_1920.jpg

さて、台湾の冬って魅力あるの?と思っている方も多いと思うのですが、気候的には実は冬の台湾は結構おすすめです!
一番の理由は雨の日が少ないこと。(もちろん雪なんて高い山の上まで行かないと見れません)
特に台北は一年を通して雨が多く、せっかく観光に行ったのに雨に降られると移動も大変だし、写真も綺麗に撮れないし、残念ですよね。
その点冬は雨の日が少ないので、気持ちよく観光ができる可能性が高いのです!

そして、日本の寒さから逃れたい人にもおすすめ
前回の記事でも書いたように、日本の東京と比べた時に、平均気温が一番違うのが冬!冷えるといってもせいぜい10度くらい。ダウンコートなんていりません。
ただ、以前台湾旅行で注意すべきこと!その1 でも書いたのですが、台湾の冬は室内が日本よりも冷える事があるので注意が必要。ホテルといえども暖房器具がない場所も多いです。

冬の台湾で日本人に意外に人気なスポーツといえば、ゴルフ
日本ではオフシーズンの冬も、台湾では全く問題なし。日本語が使えるゴルフ場もあるので、ゴルフ好きの方にはおすすめです。

1-1110977.jpg

冬特有の台湾の見所としては、各地の春節(旧正月)の行事、台北101の12/31のカウントダウン花火、平渓の幻想的なランタン飛ばし、毎年開催場所が変わる一度は見てみたいランタンフェスティバル、2月の濃いピンクの桜などおすすめです。
冬の台湾は実は色々と行事が賑やかですね
ただ旧正月の期間は、閉まるお店が多いので注意が必要です。

その他、カキ氷を扱う店では冬限定で「いちごカキ氷」を置く店が増えます。焼仙草や温かい豆花など台湾の美味しいデザート、火鍋など台湾の鍋類が美味しいのも冬ですね。

台湾の「あったか」スイーツ・デザートおすすめ5選

以上、二回に渡って台湾旅行におすすめは何月?観光にいい季節は?ということでお送りしました。
で、私の結論としては・・・
台湾は一年中楽しめる。
ただ、各季節の注意しないといけないことを準備の際は忘れずに。

です

台湾は二回三回と何度も足を運んでいただきたい観光地です。ぜひ色々な魅力を探してみて下さいね〜

スポンサードリンク




posted by 鶴長 あき at 19:51 | 台湾ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする