2017年01月10日

台湾旅行で赤ちゃん・子供連れ!

43d1bfcff2c7c4d5bdfbea04ca69a758_s.jpg

こんにちは!鶴長です。
台湾は日本からも近くて、海外旅行にしてはお手軽
台湾=日本間は飛行機で約3-4時間なので、飛行機にあまり長く乗れないお子さんでもまだ許容範囲
子連れで旅行したい!という方も多いと思います。

そこで今回は台湾での子連れの場合、赤ちゃん連れの場合にお役に立ちそうな情報をお届けいたします
私的に日本から持ってきたほうが良い物もご紹介します




台湾では電子レンジを見つけるのが難しい!

2a59a0204024c73f07400ffbff8168c4_s.jpg

これ、本当にそうなんです
日本から来たママさんたちは、台湾で電子レンジがなかなか見つけられなくて苦労することがあると思います。

というのも、日本のベビー用品って、ベビーフードにしても消毒にしてもレンジでチンで簡単になものが多いじゃないですか?

しかし、ぜひ覚えておいてください!
台湾で電子レンジを見つけるのは簡単ではありません

理由は私もいまいち分からないのですが、台湾人に聞いた所によると、電子レンジの電磁波は体に悪いと思っている台湾人が多いからだとか、台湾では昔から「電鍋」とよばれる家電で食べ物を温めてきたから普及しないだとか。。。
ですので、電子レンジを使わないといけない物は台湾旅行にはおすすめいたしません

母乳やミルクを飲ませたい!おむつを替えたい!

もちろん一番は、滞在しているホテルの部屋!
周りの目を気にすることもなく授乳できて安心ですね。
ですので赤ちゃん連れ・子連れの台湾旅行の場合は、無理せずホテルから行ける範囲を楽しむのがまずは鉄則

とはいうものの、外出中にどうしてもという時は「哺乳室」「育嬰室」を使うのが便利です

1-IMG_0741.JPG
この「哺乳室」は日本で言う所の「授乳室」や「ベビールーム」などにあたるもの。

中には「おむつ交換台」「授乳の為のソファ」「飲水機」などが準備されています。

では、どこにこの「哺乳室」はあるのか?
基本的に人が沢山集まる施設は設置が義務付けられています。

駅、デパートなどの商業施設、病院、図書館や警察などなど

【友善台北哺乳室】というAPPでは自分の近くにある哺乳室の検索ができたりします!
apuri.PNG
itunesはこちら
Androidはこちら

その中で日本人におすすめは、なんといっても
デパートなどの商業施設の「哺乳室」!!

理由は、清潔さと気軽に使える雰囲気です。
デパート以外の哺乳室は、正直清潔感がいまいちだったり、普段は鍵が閉まっていてわざわざ開けてもらわないといけなかったりで、日本人には少々ハードルが高いのです。

台北でしたら、
新光三越、太平洋SOGO、大葉高島屋、遠東百貨
など多くのデパートや商業施設がありますので、観光予定の周りをあらかじめチェックしておくといいですよ!

下の写真は新光三越の「哺(集)乳室」。

1-IMG_0740.JPG

明るい雰囲気で、広いです。写真の右手奥は授乳ができる個室スペースになっています。
デパートでは大抵哺乳室の入り口にカウンターがあって、個室を使う際はそこで名前と電話番号を記入する必要がある場合が多いです。中国語ができなくても、まあなんとかなります

1-IMG_0739.JPG

おむつ交換台。ずらりと並んでいます。
基本清潔ですが、除菌ウエットティッシュやおむつ交換シートがあるとより安心!

1-IMG_0742.JPG

こんなおむつの自販機がある場合も。場所によっては無料でおむつや、おしりふきが提供されていることもあります

1-IMG_0737.JPG

この右に三台並んでいるのが「飲水機」です。
台湾では結構いたるところで見かけます。
「熱水」「温水」「冷水」の三種類の温度の飲用水が出てくるので、赤ちゃんのミルクを簡単に作れます
その隣のは、紫外線(?)で哺乳瓶などを消毒できる機械。
その隣は、冷凍しておいた母乳などを哺乳瓶ごと温める機械です。
デパートは色々と充実しています。

しかし!
やはり電子レンジはない
【増量セット】使い捨て哺乳瓶(240ml)消毒不要 5個入り+2個入り【日本正規品】クロビスベビー ステリボトル -
【増量セット】使い捨て哺乳瓶(240ml)消毒不要 5個入り+2個入り【日本正規品】クロビスベビー ステリボトル -

ミルクのママさんは、いっそのことこういう「使い捨て哺乳瓶」が便利かも

Milton CP チャイルドプルーフ 60錠 -
Milton CP チャイルドプルーフ 60錠 -

こういう錠剤タイプの消毒できるものと、大きめのジップロックでも旅行先のベビー用品消毒はいいかもですね。

デパートの哺乳室は、大抵子供服やおもちゃ売り場と同じ階にあります。
お母さんが赤ちゃんを抱いているマークが目印です

その他、有名観光施設の哺乳室も割合きれいで使いやすいです。

例えば「台北101」では、4階と地下一階にあります。
「国立故宮博物院」では展覧区一(正館)地下一階のロビー両側二箇所にあります。

ちょっと長くなりそうなので、今日はここまで!
次回は台湾での子供用食事の情報などを書いていこうと思います

旅行情報「たびねす」の方で台湾の美味しいお店や観光地の紹介もしていますよろしければどうぞ!

スポンサードリンク




posted by 鶴長 あき at 19:17 | 台湾子連れ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする