2016年01月15日

台北から九份の行き方Bタクシー・その他の方法

_DSC7757.JPG
皆様こんにちは!
大変お待たせいたしました。
前回の記事
台北から九份の行き方。交通案内その@バスの乗り方など
台北から九份の行き方。交通案内そのA電車を使う方法(台北駅から瑞芳駅)
の続きになります

スポンサーリンク









前回は「2、電車とバスを使う方法」をご紹介致しました。

3、タクシーを使う方法

Toyota_Camry_2.0E_of_Taiwan_Taxi_Corp_right-head_20150618.jpg

値段:一台片道約1000元
時間:40分から1時間

今回はタクシーを使う方法です。
メリットとしては、台北の各観光地やホテルから直接向かえて、時間の節約になる。面倒さがなく楽。などです。
タクシーは台湾では「計程車」と呼び、黄色の車体が台北ならどこでも見れるほどで、すぐに拾えますし、ホテルなどでは呼び出しも行ってくれます。

詳しくは下の記事をどうぞ
【台湾観光】台北など市街観光ではタクシーを賢く使おう!

3−4人のグループや家族での旅行でしたら、一人ぶんの料金も200−350元ほどですみますね。

しかし、困った一人旅だぞ。。。というあなた!
裏技があるのです

それは、以前バスで行く方法の時にご紹介した、MRT忠孝復興駅の九份行きバス停の近くをウロウロすることです
この辺りでは、九份行きのお客を狙ったタクシーの運転手さんが沢山客引きをしています。
そこで「一人200元から250元」ほどでどうか??と話しかけてきたりします。
運転手さんが適当に4人お客を見つけたら、皆で出発。乗り合いタクシーですね。
乗り合いは不安だな〜という方にはおすすめしませんが、抵抗がなく、タクシーを安く使ってみたい方は挑戦してみて下さいね

ただ、バスのときと同じく、
帰りの時間には注意してください!!
遅くまで遊んだら、帰りのタクシーもいない!なんてことにならないように
そして特に帰りは、タクシーに乗る前に、料金を確認して下さい
多くはありませんが、たまにふっかけられる時があるので、「台北までは1000元くらい」という相場を覚えておいて、高すぎる料金だったらタクシーを変えましょう

4、タクシーをチャーターする方法

次に、チャータータクシーのご紹介です。
チャータータクシー、台湾では「包車」と言ったりします。

メリットとしては、
自分の好きな場所で乗り降りできる。
絶対座れる。
家族や友人のグループで一緒の車で移動できるなどです。

こういう包車をやっている会社では、7人乗りや9人乗りの車も対応していることがほとんどなので、「皆でわいわい移動したい」という方や、「家族の中に小さい子供やお年寄りがいる」という方にはいいかもですね。

料金の相場としては、
台湾のHPで申し込むと
一台 4時間 2000元 8時間 4000元 くらい
日本の代理手続きしてくれるところだと
一台 4時間 3000元 くらいです

意外に安いんですよ!なので大人数で移動の予定でしたら予めタクシーチャーターも悪くないのではと思います


5、旅行会社などのオプションを利用する方法
1-_DSC7723.JPG

これは言わずもがなですね。

自分で手配とか面倒、旅行会社にやってもらったほうが安心、という方はこの方法がいいでしょうね。
何かあったときに、旅行会社を通じて対応してもらえる、という利点もあります

ただ、大体が混載バスなので、自分の好きな時に帰るという訳にはいきません。

料金相場は大体一人1500元くらい

老舗のJTBの九份ツアーは安心手続き簡単でおすすめです





6、九份の民宿に宿泊。送迎を利用する方法

1-_DSC7552.JPG
これは思い切って九份に泊まってしまおう!という時に。
個人的には九份への宿泊はおすすめです
夜の美しい九份の姿を時間を気にせず楽しめますし、次の日は「東北角」の不思議な形の岩や黄金博物館などを観光して行くのも楽しいです

そして九份の民宿の中には、送迎をしてくれるところも。
大体は前回紹介した九份の最寄り駅である「瑞芳」への送迎です。

日本人オーナーの経営で個人的にイチオシの「九份小町」さんでも、瑞芳駅や台北、桃園空港などへ有料で送迎を行ってくれますよ。

その他

その他九份に行く方法として自力でレンタカーで行く方法もあるにはあります。何度か外国で運転された経験がある方でしたらいいかもしれません。
【台湾】台湾旅行で運転したい!自動車免許の手続きについても参考になさって下さい

長々とありがとうございました!
台北から九份の行き方を三回にわたってご紹介致しました。ぜひ皆さん台湾に遊びに来て下さいね〜
関連記事
台湾九份観光おすすめグルメのお店3選!

九份「芋仔蕃薯」は台湾家庭料理や中国茶が楽しめる眺望抜群のお店

スポンサードリンク




posted by 鶴長 あき at 17:31 | 台湾交通・電車・バスなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする