2015年12月11日

台北から九份の行き方A電車を使う方法

images.jpg
こんにちは。鶴長あきです
大変お待たせいたしました。前回の記事
台北から九份の行き方。交通案内その@バスの乗り方などの続きになります。

スポンサーリンク









前回は「1、高速バスを使う方法」までご紹介しました。

2、電車とバスを使う方法

値段:片道約60〜100元
時間:1時間〜1時間半

「臺灣鐵路」(以下、「台鉄」と呼称)と呼ばれる在来線で、九份の最寄駅の「瑞芳」に行き、そこからバスに乗り換える方法です。
メリットは、安い、そして高速道路の渋滞などを回避できることです。
また、電車は「台北駅」のほかに「松山駅」も通るので、ホテルを松山方面に取っている方も使える手段です。

ダウンロード.jpg
まずはメインステーションの「臺北站(台北駅)」に向かいます。
台北駅は、台鉄の他にも、台湾新幹線や、MRTなどが通っています。

images.jpg
チケットは、一階のチケット売り場で買います。この写真のマークの下の所に窓口と自動券売機があります。
ここでは、自動券売機ではなく、人のいる窓口をおすすめします。
なぜなら自動だと、「自強号」などの急行の電車の場合、指定席の切符が買えず、買えるのは立ち乗り切符になってしまうんですね。(ちなみに急行で指定席券を持っていなくても、席が空いていれば座ってもOKですが)

2016/1/5 追記 『台北駅での切符の購入ですが、ボタン式の自動券売機だと立席のみで、台北車站1Fホールの窓口の右隣にある「對號列車自動售票機」というタッチパネル式の自動券売機だと指定席も買えたかと思います』との情報を「二代目」様より頂きました!ありがとうございます!!

2016/1/5さらに別の方から情報を頂きましたので追記。
台鉄でも區間車と、「自強」「莒光」の立ち乗り席なら、悠遊卡(悠遊カード)で改札が通過できます。(しかも料金10%オフ!)なので、指定席でなくていいやー。カードも持ってるし♪という方は、切符を買わなくても大丈夫です!このカードの使える範囲は日に日に拡大しておりまして(私も把握できていなくて先ほど調べました;)ちなみに現在
蘇澳(宜蘭)から基隆、台北、台中、潮州(高雄)までの区間と、平溪線、深澳、內灣、六家、集集および沙崙線の各支線
が使用可能、つまり台湾の西側はほぼ使えます!台北から「瑞芳」はもちろん、平溪線が使えるので「十份」までも大丈夫です
(太魯閣号と普悠瑪号はそもそも立ち乗り席がないので、指定席購入が必要です^^)

さて、人のいる窓口での切符購入の仕方ですが、
窓口は「當日車票」と呼ばれる当日券と、「預售票」(12日前から購入可能)と呼ばれる前売り券用に分かれています。週末の電車は混むので、下記の座席指定できる急行の切符をお求めでしたら、可能なら前売り券を予め購入しておくことをおすすめします。

台鉄の電車の種類としては「自強」「莒光」が日本の急行のようなもので、台北→瑞芳が約40分です。この二つは座席を指定できます。
そして、「區間車」。これはいわゆる普通電車で、座席指定もありません。約50分です。

・・・・・・はい、実は10分ほどしか違わないんですね。

なので、座れなくても大丈夫、という人や、「自強号」の切符買いたかったけど売り切れだった!という方は「區間車」でもさほど問題はないかと思います。

ちなみに、鉄道の時刻表はこちらから調べられます。
乗る前に、日本やホテルで予め調べておいてもいいかもしれませんね。

台鉄.PNG
1、出発駅を、台北地区の台北駅を選択
2、到着駅を、台北地区の瑞芳駅を選択
3、時刻表を調べたい日にち、時間の幅を設定。出発か到着かも選択
4、調べるボタンで決定です


台鉄2.PNG
するとこんな画面になります。一番左側に「車種」として、さっき言った「區間車」や「自強号」の種別、その次の「車次」は電車番号になります。

さて、お目当ての電車が決まったら、切符を購入しましょう。

窓口の方が日本語を話せるかどうかは分からないので、予めメモを準備しておきましょう。

・日にち
・時間
・出発駅と到着駅
・電車の種別
・電車番号(分かれば)
・枚数(「張」が切符の単位)
・片道か、往復か(片道は「單程」、往復は「去回」)


例を書くと、
  12/11  9:00  台北→瑞芳  自強  1張  單程
  
こんな感じです。
もし売り切れだった時のために、第2、第3希望くらいまで準備しておきましょう。
先ほども言いましたが、到着時間はそんなに変わらないので、「區間車」を選べば本数も多いのですぐ買えると思います。(もし始めから「區間車」でいいという方は、窓口でなく自動券売機でも問題ありません)

実はインターネットで予め切符を購入することも出来ます。とりあえずこちらのページです詳しくは、また今度。。。

切符を無事に買えたら、プラットフォーム(月台)に移動します。
「臺鐵 月台」の表示案内に従っていけば、すぐ着きます。
台北駅のプラットフォームは地下一階にあります。新幹線(高鉄)の改札が隣です。

指定席のある電車に乗った場合、自分の席に人が座っていることがあります(!)が、問題ありません。自分の持っているその席の切符を見せると、皆すぐに立ってくれます。先ほども言った、立ち乗り切符の人なんですね。

瑞芳駅についたら、バスに乗り換えます。

瑞芳.PNG
バス停は、駅を出て、明燈路を左に。まっすぐ歩いて、警察署を過ぎた右手側にあります。

瑞芳2.PNG
これです。

以前九份行きのバスは、駅の目の前にバス停があったのですが、バスの本数が増えて危険な為、2014年10月30日より駅目の前のバス停は廃止になりましたので、以前バスを使ったことがある方は気をつけてください。
4瑞芳.PNG
基隆客運のお知らせ文です。

さて、ここで乗るのは基隆客運の788番バスです。
10分から20分に一本あるので、すぐに乗れます。

788.PNG
乗るのは、「瑞芳火車站(區民廣場)」、降りるのは「舊道」です。「九份」より「舊道」の方が、セブンイレブンに近いので注意して下さい!
乗り方は、前回も書いたとおり、悠遊卡をタッチするだけ。悠遊卡の購入の仕方などはこちらから

九份でのバス停などは、前回書いた場所と同じです。

今回は、電車とバスを使って台北から九份への行き方をご紹介しました。
この行き方は、九份だけでなくて、電車を使って色々な場所に行ってみたい人むけかもしれませんね。

以上。今回は長々とお付き合いありがとうございました!!
続きはこちら→台北から九份の行き方。交通案内そのBタクシー・その他の方法

台湾のおすすめ観光情報を紹介しています。
【たびねす】鶴長あきのガイドページ

スポンサードリンク




posted by 鶴長 あき at 19:11 | 台湾交通・電車・バスなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする