2015年11月19日

台湾旅行で注意すべきこと。その2

こんにちは。鶴長あきです

台湾は相変わらず暑くて、でもちょっと秋らしい風も。。。?とても11月とは思えない天気ですね

さて、今日は前回ご好評いただきました「台湾旅行で注意すべきこと」第二弾です
あらかじめ知っておけば怖くない!旅の予定を立てる上でも知っておくとお得な情報ですよ。


お店の開店時間は遅いところが多い

21682753_624.jpg

日本では大抵のカフェや洋服の店など開店は朝の10時だと思います。しかし台湾のお店は開店時間が遅いんです!普通11時か、12時開店の所もざらです。(スーパーや大手チェーン店はだいたい10時開店です)
なので、台湾の雑貨小物のお店に午前中に行ったら開いてなかった。。。なんてことも
これだとせっかくの旅行の計画が狂ってしまいますね。お目当てのお店がある場合は、開店時間をあらかじめチェックしておきましょう!
代わりに、夜は遅くまで開いているお店がほとんどです。21時や22時の所も!夜のほうが涼しいからですかね〜?

夏は、帽子か日傘と上着が必須

223920062_624.jpg

夏の台湾は暑いかと聞かれればそりゃあ暑いのですが、それ以上に日差しが「痛い」のです。日本の真夏の暑さに慣れている人でも、この日差しにはやられてしまうと思います。なので、夏にもし台湾に来られる際は、日差しをさえぎる事ができる帽子か、日傘を必ず持ってきてください!
そして、灼熱の外とは反対に、デパートや駅、電車やバスの中は、南極のようにクーラーががんがんです必ず冷房対策の上着も忘れないようにしてください。

自動販売機はとても少ない

54405646_624.jpg

日本だと、観光地には必ず自動販売機があって、道端にもちょっと歩けば自動販売機がありますが、台湾にはありません。なので、旅行にもっていく飲み物などは、あらかじめコンビニなどで調達しておきましょう
ただ、台湾にはその代わりに「飲水機」と呼ばれる水を補給できる機械が、観光地やお店などには必ず設置されています。トイレの近くに置いてあることが多いです。台湾人は、日本人とは比べ物にならないほど、水を良く飲むんですね皆一人一つはマイボトルを持ち歩くのが普通で、水がなくなったらこの「飲水機」で補給して。。。という感じです。熱中症にならないための知恵なのでしょうね

MRT(地下鉄)では飲食禁止!

Taipei-MRT_C381_20130908.jpg

これは結構有名な話だと思いますが、MRTの改札入った以降は、喫煙はもちろん、全ての飲食が禁止になります。ガムも、水も駄目なんて厳しいですね!罰金もとられるので「うっかり」には注意しましょう!
禁止なのはMRTの中だけで、その他の台湾鉄道(在来線)や、高速鉄道(新幹線)の中は普通に食べて大丈夫ですよ。

いかがでしたか?今回は台湾旅行で注意すべきことのその2をお送りしました
頭の片隅に置いておいてもらえると嬉しいです

Travel.jp[たびねす] |に台湾のおすすめ観光場所の記事を書いています。ぜひのぞいて下さいね
鶴長あきの観光ガイド記事
タグ:旅行 観光 台湾

スポンサードリンク




posted by 鶴長 あき at 16:20 | 台湾ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする